季節の行事は好きですか?

日本は四季が美しいですよね。そして昔からの四季折々の行事があるうえ、最近はイースターやハロウィンなどの他の国の宗教の行事も根付いてきて時期になるとあちらこちらでイベントをしたり、特別パッケージのお菓子が出たり、インテリアグッズが店頭に並んでいたり…。

実は私、季節を感じるこの様な行事やイベント大好きです!

流石にコスプレしたりはないですが(笑)家を飾り付けたり、行事にちなんだ料理を用意したりするのは何歳になっても楽しい物ですし、やはり「季節を肌身で感じられる」というのが嬉しいのです。

クリスマスやハロウィン、イースターなどは元々宗教的な行事ですし、バレンタインやホワイトデーもお菓子企業の販売促進イベントだったりしますが、私の中では七夕やお月見などと同じ様に季節を感じる行事として馴染んでいます。

企業の戦略に見事にはまっているような気もしますが、私が楽しいから良いのです!

ただ、海外由来のイベントの時だけでなく日本の昔からの行事の時も街が賑やかになると嬉しいのですけれどね。あまりそれに絡んだインテリアグッズなどがないせいか実際賑やかになるのはスーパーの食品売り場位なのが少しさみしいです。

賑やかになり過ぎるのは日本の文化的に違うのかな?とも思いつつ、次の季節行事に心躍らせてお部屋の飾り付けちゅうです。

歳とともに我慢もできなくなる

女性は子供を産んで、ある程度の年齢になると(まぁ中年のおばちゃんという時期ですね)、いくらもともとスタイルは良い…と言われていた人でも、絶対体型は崩れますよね。

何しろ、基礎代謝がかなり悪くなってくるので、同じ様に動いていても、若い頃の様にはいきません。だから、若い頃の様にちょっと食べ過ぎたかな…という次の日、いつもより食事の量を少なくして、体型を維持、体重をキープしていた物が、何故か、お腹はでっぱなし、体重も戻らずという状態になります。

じゃ、頑張って一日何も食べないで、断食でもしてみようか…とも思うけれど、これがまた実行できず、何かしら口に入れてしまい、それが元となり、いつも以上に食べてしまう…という悪循環に陥ります。

食べない…という事が年々できなくなるんですよね。

我慢するという事も、歳と共に難しくなる様です。

ダイエットしなくちゃ!という言葉は、もう口癖と同じです。

それが実行できればいいんですけどね。

ほんと、出来ていれば、間違いなく今のこの状態にはなってないんですよね。

一番最悪なのは、パンツの上に乗っかっているこのお腹の脂肪です。

若い頃は、まさか自分がこんなにお腹がタブタブになるとは夢にも思ってなかったな。

お肉でまきまき。

最近食卓のメニューがマンネリ化してると旦那様からクレームがはいりました。

そんなこと言われても…。

毎日栄養バランス考えて頑張って作っているのに、こういうこと言われるとイラっときてしまいます。

でもここのところ仕事が忙しくて疲れがたまっているみたいだし、よし!今日は旦那様の好きなものをたくさん作ってあげよう!ということで、徒歩で行けるスーパーへ買い出しに行きました。

みりんと牛乳が切れていたので、帰り道を深く考えずに購入。

とんでもなく重いことになり、後悔しました。

腕に買い物袋が食い込んでまるでハム…。

メニューは、コロッケ、ヒジキ、茶わん蒸し。そしてサラダ+具だくさんお味噌汁で野菜もばっちりです。

ジャガイモの皮をむいて、ニンジンと一緒に茹でて…とここで致命的なミスが判明しました。

パン粉買い忘れた!

使いかけもまったくない。

でももう買いに行きたくない…みりんと牛乳で力を使い果たしてしまった…。

冷蔵庫の中身を確認して、メニュー変更を決意。

茹でたジャガイモとニンジンはポテトサラダへ変身させて、

メインはネギの肉まきにすることにしました。

ニンジンやアスパラにお肉を巻いた料理はよくありますが、ネギは少し珍しいですよね。

私も初めて知ったのはネットでネギの料理を検索してる時で、

「ええ?どうなの?」と思いましたが、

ネギがお肉の中でトロトロにとろけて、すごくおいしかったんです。

しかも簡単。

レンジでネギに火を通して、それから豚肉をまきまきして、片栗粉でコーティングするだけ。

弱火でじっくり焼いて、今日は照り焼きのたれでからめました。

レタスの上に、トマトと一緒に盛り付ければ、なかなか豪華に見えます。

茶わん蒸しは面倒になったので次回持ち越しになりましたが、

帰ってきた旦那様は「おいしそう!」と喜んでくれました。

私だって頑張れば出来るんですよ。ふふふ。

ところでアボガドをお肉でまきまきするのも美味しいそうです。

お肉まきまき、奥が深そうですね。

部屋干しの臭いを解消するための最終手段

梅雨や秋の長雨の時期など、天気が悪い日が続くと、洗濯物を一手に任されている私はとても憂鬱になってしまいます。

洗濯物がどうしてもカビ臭かったり、生乾きの臭いがしたりすると、家族の皆さんは選択担当の私に不満を訴えてくるんですよね。

私も、色々工夫はしました。まずは、もちろん洗濯漕のカビを疑って、クリーナーを試してみます。しかし、我が家の洗濯機は10年選手。何度か試してみても、思ったような効果は得られません。。おそらく、内部はその辺のクリーナーではビクともしない何かで覆われていたのだと思います。

しかし、まだ動いている洗濯機をそうそう買い替えられるほど経済状況が良いわけでもない我が家。部屋干し用洗剤を使ってみたり、部屋干し時にエアコンや扇風機で風をあててみたり、色々試してみました。しかし、やはり家族からの苦情は減る事はなく、だましだまし使っていたのです。

朝、顔を洗って、タオルで顔を拭いた時に生乾きの臭いがしたらやっぱりガッカリします。それは私もわかっていました。そして、これだけ工夫しても改善しないのが我が家の洗濯機にあるという事も。

今は、次の洗濯機を購入するために、下調べをしている所です。長雨の季節でも、良い香りのタオルで顔を拭ける日が一日も早く来るように、洗濯機代の捻出は着実に進行中です。

アボカドに泣いた日

最近アボカドの値段が高いです。以前は近所のスーパーで100円で売っていたのに、近頃は180円位します。美味しいし、なんといっても美容のために週に何度かは食べたいと思っているのに、節約も考えなくてはならない主婦としては躊躇してしまう値段です。ここしばらくはアボカドの前を通ってもパスしていました。

でも今日の私は違いました。アボカドの前に立ち、「美容にかけるお金としたら安いじゃないの。身体にも良い食べ物なんだし、高い化粧品買ったりエステに通うことを思えばなんてことないじゃない、買おう、買おう!」と脳内一人会議を行なった結果、アボカドちゃんは買物カゴの中へ。

家に戻り、早速夕飯の準備です。アボカドはレモン醤油で食べるのがマイベストなので、ただ切るだけでO.K.です。アボカド切るのって楽しいですよね。パカッと半分にする瞬間は快感です。

ところが、快感の後に地獄が待っていました。今日のアボカド、中が黒くなっていました(泣)。オーマイガッ!と思わず叫びましたよ。1個しか買っていないのに!180円もしたのに!

みなさんもご経験ありますか?はずれアボカド。私はたまーにあります。安い八百屋で買っても、高級スーパーで買ってもはずれる時ははずれます。生ものですし仕方ないとは思います。でも今日だけは、今日だけははずれて欲しくなかったです。一人脳内会議がバカみたいじゃないですか。

いつも可愛くてオシャレなネイル!うらやましい!

私は大学生の頃から、ずっとジェルネイルをしています。指先をオシャレにする事で、気分も上がりますし、手元が綺麗に見えるからです。

ネイルサロンに行くと、いつも季節に合わせた可愛いデザインがたくさんあり、あれもこれもと迷ってしまいます。迷いに迷って、デザインを決め、だいたい3-4週間に1度の頻度で取り換えることが多いです。

いつも思うのが、ネイリストさんはあんなに可愛いデザインを自分でできちゃうんだから、本当にすごい技術ですし、さらに好きなタイミングで何回でもデザインを好みの物に変えられるというのが本当にうらやましいです。オシャレに敏感なネイリストさんですから、季節性や流行りに合わせて、多くのデザインを楽しめたり、また結婚式に参列するとき等は、とっておきのドレスに合わせたネイルにすることも可能ですよね。

資料サイト ネイリスト資格通信講座スクール.com

いつも指先を綺麗に可愛くオシャレに保つ事ができ、さらに色々な可愛いデザインを楽しめるネイリストさんに、本当に憧れます。

脂肪は取り過ぎても取らな過ぎても身体に悪い!

私達女性にとって、脂肪や脂質と聞くとまるで親の敵のように忌み嫌う存在ですね。見た目を悪くするセルライトも、全部脂肪の塊ですから、無くそうとすれば皮下脂肪を減らす必要があるわけで、出来るだけ脂質を摂取しないようにするのが一番良い方法かのように思われています。

でも、脂質で身体にとって余り良くないとされているのは、中性脂肪や悪玉コレステロールで、脂肪全体で見れば細胞膜やホルモンの材料として必要です。まして、中性脂肪も悪玉コレステロールも量が多ければ問題ですが、少なければそれはそれで問題だというのが最近の医学的見解のようで、どうも以前の認識とは違ってきているようです。

特に悪玉コレステロールは、必要量に足りないとガンやら心筋梗塞やらの原因にもなると言われていますから、「悪玉」なる言葉よりも本来のLDLコレステロールに名称を統一した方が誤解が減るぐらいではないでしょうか?あたかも一方的に悪い効果しかないような印象を与えますから。

それに脂質は肌のツヤや柔軟性とも関わってきますから、セルライトを気にし過ぎた挙句、カサカサ、シワシワの肌になってしまっては意味がありません。

結局のところ、どんな脂質であれ、気を付けるべきは量やバランスで、「~は全く摂らない」などということをやるとむしろ美容にも健康にも害悪なんですね。